<
>
SOCIAL PLUG IN
  • メニュー
  • 店舗案内
  • アクセス
NEWS
2015年10月01日

リフレや足つぼマッサージで「こむらがえり」解消♫

東京都港区の田町・三田駅徒歩3分の「かわい指圧ルーム」院長の河合です。

 

月曜日の明け方に足が攣っておこされましたf^_^;)イタタタ…

いわゆる腓返り(こむらがえり)です。

寝ながら脚を伸ばそうとした瞬間の激痛でした(笑)

 

おそらく原因は日曜日の歩きでのゴルフ。

早朝スルーラウンドでたっぷり15000步は歩きました。さらに雨模様で涼しかったので水分を余りとらなかったんです。いつもは500mlのスポーツ飲料を2〜3本は飲むのにその日はたったの1本でした。次回からは気を付けたいと思います(笑)

194b304928c3f5751ebe941208eee67b_s

そこで今回は誰もが一度は経験のある「こむらがえり」について考えていきたいと思います。

 

〈こむらがえりの起こる原因〉

水分不足や電解質(ミネラル)濃度の異常

冷え血行不良

③筋肉疲労による老廃物の蓄積

④長時間の筋肉の緊張

これらの複数の要因が組み合わさることにより起こりやすくなると考えられています。

 

特に、大量発汗脱水妊娠中などの状況下では筋肉収縮・弛緩に大切な電解質(カルシウム・マグネシウム)のバランスが崩れたり、不足するなどして神経や筋肉が興奮しやすくなります。その結果、こむらがえりが起こってしまうことが多いようです。

こむらがえりが頻繁に起こる場合は、薬の副作用や糖尿病・肝臓病による代謝異常が原因のこともあるため注意が必要です。

 

〈こむらがえりの対処法〉

1)片方の手で痙攣を起こしている足の膝を押さえる

2)もう片方の手で、足の指を上向きにゆっくり反らすようにして曲げる。ちょっと痛いですが我慢です!

3)ふくらはぎが伸びていることを確かめる。あくまでも、ゆっくり痛い部分を伸ばすことがポイント!

 

少しおさまったら、温めたりマッサージをして血行をよくすると痛みが和らぎます。

 

〈こむらがえりの予防法〉

運動前後はストレッチを十分に行いましょう!汗をかいた時は水分と塩分などのミネラルの補給も忘れずに!

◎筋肉を冷やさないように!これからの季節は足が冷えやすいので要注意!
就寝前のストレッチや入浴も血行を良くするので効果的!
カルシウムマグネシウムなどの栄養素を多く含む食品を摂取するよう心掛けましょう!

 

こむらがえりを起こしやすい方は「かわい指圧ルーム」マッサージフットコースがお勧めです。

足裏やふくらはぎの筋肉を揉みほぐ血液の中の老廃物質を取り除き、「こむらがえり」が起こさないようにしていきます。

普段から脚をケアすることで夜中に激痛で起こされなくてすみますよ(笑)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かわい指圧ルーム
http://kawai-shiatsu.com/
住所:〒108-0014 東京都港区芝5丁目22-4
TEL:03-3452-4433
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇