田町のマッサージコラム~変形性膝関節症①~

2015/09/05

田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」

鍼灸マッサージ師(院長)の河合です。

これから何回かにわけて「膝の痛み」について書いていきます。

特に女性に多い「変形性膝関節症」は早目のケアを怠ると外科的処置(手術)に至るようになってしまいます。

今は膝に痛みがない方も知っておいて損はないと思いますので読んでください。

 

「変形性膝関節症」は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の「関節軟骨」がすり減り痛みなどの症状が現れる病気です。

3対1くらいの割合で女性に多くみられます。

まずは「変形性膝関節症」の症状について書いていきます。

 

[症状] 軽度→重度の順に

●最初のうちは痛みよりも膝関節のこわばり重だるさを感じます。

●歩き始め・立ち上がる際・階段の下り始め…など、膝を使う動作を始めるときに痛みが生じます。

●歩いている最中も痛くなり、やがては常に痛むようになります。

●関節軟骨がすり減ると炎症が起き関節液が過剰に分泌され膝に水がたまるようになります。

●関節の動きが制限され、膝の曲げ伸ばしも難しくなります。(歩行や階段の上り下りが困難に)

横になっても膝が痛み、夜中に痛みで目が覚めてしまうこともでてきます。(トイレに行くのも困難に)

 

 

変形性膝関節症」が重症になる前は鍼灸治療が有効です。膝の痛みに効く特効穴(ツボ)もあります。

お気軽にご相談ください。

 

次回は「変形性膝関節症の原因について書いていきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かわい指圧ルーム
http://kawai-shiatsu.com/
住所:〒108-0014 東京都港区芝5丁目22-4
TEL:03-3452-4433
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇