田町のマッサージコラム~マッサージと入浴で不眠症改善~

2016/01/18
睡眠

田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」

院長の河合です。

 

こんにちは!

みなさまは睡眠しっかりとれてますか?

今日は私を含め、日本の成人3人に1人が悩んでいる「不眠症」について考えていきたいと思います。

以下に当てはまるものがありましたら・・・あなたも「不眠症」かもしれません。

 

<不眠症の4つのタイプ>

①体は疲れているのに、なかなか寝付けない(入眠障害)

床に入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかるタイプ。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいといわれています。

 

②寝ても熟睡できず、夜中に何度も目が覚める(中途覚醒)

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなるタイプ。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15~27%)、中高年でより頻度が高いといわれています。

 

③もっと寝たいのになぜか朝早くに目覚めてしまう(早朝覚醒)

朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多くみられます。

 

④朝起きた時もすっきりせず、なぜか体がいつも重だるい(睡眠障害)

睡眠時間を十分にとったのに、熟眠感が得られないタイプ。
ほかのタイプの不眠症を伴っている場合も多くあります。

 

①~④の症状が一つ、もしくは複数一か月以上続いたら「不眠症」の可能性大です。

私は朝早くにに目覚めてしまい二度寝もできない早朝覚醒(高齢者!)に悩んでました(笑)

 

ではいかにして不眠症を改善することができるのでしょうか。

 

自律神経を整えましょう!

自律神経の乱れがあると、体がオン(緊張状態)とオフ(リラックス状態)の切り替えを上手く出来ません。

常にオンの状態で夜でもオフにする事が出来なくなっています。その結果寝つきが悪くなり①入眠障害の原因になります。

また起きてからも体がオンに切り替わらず、日中も体が重だるくスッキリしません。(④睡眠障害

寝る前にスマホを操作することもNGです。

 

体の緊張とコリを取り除きましょう!

体の緊張やコリをそのままにして眠りについても体がリラックスできず呼吸も浅くなってしまいます。

その結果深い睡眠(ノンレム睡眠)にたどりつかずふとしたことで目が覚めてしまいます。これが②中途覚醒③早朝覚醒の原因にもなります。

不眠症を訴える方に肩こりや腰痛が多いのもそのためです。疲労やコリを感じたらこまめに解消するようにしましょう。

 

精神的ストレスを抱え込まないようにしましょう!

不眠症の人はストレスを抱え込んでいる方が多いといわれてます。眠ろうと目を閉じると悩み事や雑念が頭の中に浮かんでしまうようです。これも①入眠障害の原因になります。日々のストレスを寝るときに持ち込まないようにしましょう。

 

不眠症の原因はこの他にもたくさんありますが、これら3つの事だけを実践するだけでも不眠症は大きく改善されます🎵

そして誰でも今すぐ手軽に実践できること・・・それは寝る前の「入浴」です。シャワーだけでなく湯船につかることが必要です。

●自律神経を整え●身体の緊張とコリをとり●ストレスを解消するためには、お湯の温度も大切。熱すぎずに20~30分ゆったりと気持ち良くつかっていられる温度(個人差はありますが40℃前後)に設定しましょう。

いつも湯船に入らずにシャワーばかりで済ませてしまっている方はぜひお試しください。

最近私も週に何日かちゃんと湯船につかる時間を作るようにしました。アロマの香りのするバスソルトを入れ、濡れてもいい本を持ち込み30~90分位しっかりと入ります。昨日も実践したのですが、布団に入ったらすぐに夢の中へいき、途中で目覚めることなく朝までぐっすり眠れました♪

またマッサージでも●自律神経を整え●身体の緊張とコリをとり●ストレスを解消することができます🎵

生活の中に入浴とマッサージを上手に組み合わせて不眠症を解消していきましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かわい指圧ルーム
http://kawai-shiatsu.com/
住所:〒108-0014 東京都港区芝5丁目22-4
TEL:03-3452-4433
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇