田町のマッサージコラム~五十肩で痛くなったら…~

2018/07/01

田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」マッサージ師の今村です。

みなさん、サッカーの日本代表を応援されてますか?

連日の活躍素晴らしいですね。

決勝トーナメントも頑張って欲しいですね。



さて今回は、当院にも多くの方が治療にお越しになる「五十肩」に関してのブログを書いてみます。

”五十肩”と言う呼び名は通俗的な病名で、正式な病名は”肩関節周囲炎”です。

症状は、肩関節の痛みと拘縮(固まってしまうこと)で、特に帯を結ぶ動作や髪を結ぶような動作をすると、痛みや運動制限で不自由を感じます。

治療経過は痙縮期→拘縮期→回復期をそれぞれ数ヶ月かけて経過し、一年ないし、一年半で日常生活に支障がなくなる事が多い症状です。

発症年代は順に、50代、60代、40代となり、男女差はありません。

治療方法は、保存療法と手術がありますが、ほとんどが保存療法で対処します。

保存療法には、薬や病院でのリハビリの他に鍼灸やマッサージがあります。

当院のマッサージでは、無理のないチカラ加減で肩関節を構成する代表的な筋肉であるローテーターカフ(棘上筋,棘下筋,大円筋,肩甲下筋)を丁寧にほぐしていきます。

マッサージすることで回復までの時間を短くできます。

鍼灸も効果的で、東洋医学の考えに基づいて、痛みの起きる原因を見つけ、その症状と関係の深いツボ(360箇所あります)へ施術をします。

それにより症状を軽くする事が出来るので、痛みや、動きづらさにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

さらに、自宅に帰ってから出来るちょっとした肩の運動も指導させていただきます。

一回で完治はできませんが定期的に来ていただければ、回復までの時間は大幅に短縮します。

是非当院のマッサージ・鍼灸コースを試して見てください。



いよいよベルギー戦がおこなわれます。

引き続き日本代表を応援しましょう!

私もビール片手に応援したいと思います!