田町のマッサージコラム~NHK特番「東洋医学ホントのチカラ」を見て~

2018/09/29

田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」

マッサージ師の今村です。 

お彼岸も過ぎ、いよいよ秋らしくなってきましたね。

今年の夏は異常なくらい暑かったので、その分秋の到来が嬉しいですね。

 

先日の24日の19:30~22:00に「東洋医学ホントのチカラ」という番組がNHKが放送しました。

東洋医学を西洋医学的なエビデンス(統計や研究結果に基いた証拠の事です)を検証しながら紹介して、その効果を体感する番組でした。

鍼灸は現代では、世界中で広く使われていて、アフリカでは、蔓延する結核にかからないように免疫力を上げる目的で、お灸が使われているようです。

またアメリカ軍では、腰や精神など、体や心の不調を訴える兵士の為に、耳鍼が使われているようです。

私も見ていてとても勉強になりました。

その中でも特に面白かったのは、辛い箇所を治療する為に、離れた場所のツボを刺激する事で治す遠隔治療です。

辛い箇所を治す時、東洋医学ではその箇所から離れた箇所を触る事があります。

それは“経絡”と呼ぶ気の流れる道筋に沿った施術であり、決して無秩序にやっているわけではありません。

経絡と言う道筋を通して全身が繋がっています。

番組の実験では、何人かの、首や肩の辛い方に被験者になって貰い、肘の上にある場所を施術しました。

その結果、ほとんどの人に改善が見えました。

なぜ、離れた場所がよくなるのか?

古代に発見された経絡の道筋は、確実に存在するようです。。

それを科学的に解明する為、沢山の研究がなされているのです。

かわい指圧ルームでは、東洋医学と西洋医学両方の知識を兼ね備えたセラピストが働いています。

痛みの根本原因をみつけだして、指圧や鍼灸で症状の改善に努めていきます。

番組をご覧になった方も、観ていない方も「東洋医学の神秘」を体感しに当店にお越しになってみてください。