田町鍼灸コラム~内臓の衰えと鍼灸治療~

2018/10/12

こんにちは!(^^)!

田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」

鍼灸マッサージ師の澤井です。

私は最近、食欲が増えてしまい体重も増えてしまいました(笑)

でもこれは健康な人の症状のようです。

 

気温が下がってくると身体の中で体温を保とうと熱を生成します。

そのため、夏よりも食欲が生理的に増します。

しかし、秋になっても食欲がでない方いませんか?

そのような人は季節の変化に身体が対応できていない可能性があります。

なぜ身体が対応できないないかと言いますと、内臓機能の衰えがあるからです。

内臓には、胃や小腸、膵臓や腎臓など...があります。

胃の機能が衰えると肩こり、肌荒れ、食欲低下などがおこります。

腎臓が衰えると腰痛、冷え症、倦怠感などの不調が出てきます。

このように肩こり、腰痛、食欲低下、肌荒れ、冷え症など..で通年お悩みの方は内臓機能が衰えていて季節の変化に身体が対応できていないかもしれません。

それを改善するのが鍼灸です。

内臓に関わるツボに鍼をうったりお灸で温めることで、内臓の機能が活発になります。

それによって腰痛、肌荒れ、冷え症…さらには食欲低下が改善していきます。

季節の変わり目である今、衰えた内臓を鍼灸で活発にしてみませんか。

まだ鍼灸を体験したことがない方もこの機会に一度鍼灸を受けてみて下さい。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております!