田町の鍼灸コラム~秋の花粉症に鍼灸治療~

2018/11/06

こんにちは!田町の鍼灸マッサージ治療院「かわい指圧ルーム」

鍼灸師の中田です。

夏の暑さを忘れるくらい日に日に涼しくなってきましたね。

くしゃみや鼻水、鼻づまり、喉の痛みなどを感じると風邪かな?と思いがちですが、この季節注意したいのが「秋の花粉症」です。

花粉症の諸症状は風邪の症状と似ている為、見分けるのは難しいですよね。

なかなか鼻水が止まらなかったり、喉の違和感がずっと続くなど長引く症状の場合は花粉症を疑ってもいいかもしれません。

春はなんといっても有名なのはスギやヒノキですが、秋はキク科のブタクサ、ヨモギ、キリン草、カナムグラなどといった植物の花粉が原因となります。

花粉症の対策としてはマスクなどでアレルゲンをなるべく体内に侵入させないことも大切ですが、自身の免疫力を改善させてアレルギー反応が起こりにくいようにすることも重要です!

ただ、毎日忙しく働いている方は自己管理するのが大変ですよね。

そこで、オススメするのが鍼灸治療です。

皆さんお灸を受けたことがありますか?

お灸が熱いとかやけどをしてしまうというイメージを持たれてる方も多いと思いますが、それは昔の話で最近のものは肌に直接触れないよう台座が付いています。

熱さの調整が出来るのでどなたでも安心して受けられます。

お灸の特徴としては患部を温めるだけでなく、血液中の白血球を増やす効果があります。

白血球は体内にウイルスや菌が侵入した時に戦う免疫機能を持っているのです。

鍼やお灸の治療を続けていくと身体全体の免疫がアップし、アレルギー反応が起こりにくくなります。

また、今から鍼灸をやっておくと春先の花粉症対策にもなります。

ご関心のある方はかわい指圧ルームの鍼灸スタッフまでお気軽にお問い合わせください。